最近の暇つぶしになりそうな話題
最近のMTG関連の記事、全国地域別大会情報など

火曜スタン 2012年1月17日

歴史が動いた火曜スタン!

そんな感じで始まりました今回の火曜スタンですが、
参加者は10名で行われまして、
優勝したのは、メーガス氏で、
2位はヤズ君でした!

使用したデッキは以下の通りです。

1位:メーガスの 『 激安デックウイン 』

*カード名をクリックするとwisdom guild様の該当ページが開きます。

〔 土地 〕
20《山/Mountain》
計20枚

〔 クリーチャー 〕
4《メムナイト/Memnite》
4《ゴブリンの付け火屋/Goblin Arsonist》
4《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
3《ゴブリンの投火師/Goblin Fireslinger》
3《危険なマイア/Perilous Myr》
4《溶鉱炉の大長/Chancellor of the Forge》
計22枚

〔 スペル 〕
4《カルドーサの再誕/Kuldotha Rebirth》
3《ゴブリンの手投げ弾/Goblin Grenade》
4《うろつく餌食の呪い/Curse of Stalked Prey》
4《貫かれた心臓の呪い/Curse of the Pierced Heart》
2《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》
4《キマイラ的大群/Chimeric Mass》
計21枚
メインボード合計63枚

〔 サイドボード 〕
4《刻まれた勇者/Etched Champion》
3《ヴァルショクの難民/Vulshok Refugee》
3《冒涜の行動/Blasphemous Act》
3《石弾化/Artillerize》
2《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》
合計15枚


2位:ヤズ君の 『 スモモモモモ 』

*カード名をクリックするとwisdom guild様の該当ページが開きます。

〔 土地 〕
2《島/Island》
6《沼/Swamp》
4《森/Forest》
4《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4《闇滑りの岸/Darkslick Shores》
3《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1《森林の墓地/Woodland Cemetery》
計24枚

〔 クリーチャー 〕
3《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3《アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck》
4《肌変わり/Skinshifter》
2《血統の守り手/Bloodline Keeper》
計12枚

〔 スペル 〕
4《破滅の刃/Doom Blade》
1《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》
4《小悪疫/Smallpox》
4《精神腐敗/Mind Rot》
4《マナ漏出/Mana Leak》
2《恐るべき妄想/Frightful Delusion》
3《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
計24枚
メインボード合計60枚

〔 サイドボード 〕
2《殴打頭蓋/Batterskull》
1《呪文滑り/Spellskite》
1《精神的つまづき/Mental Misstep》
2《瞬間凍結/Flashfreeze》
1《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith》
2《秋の際/Edge of Autumn》
2《蔑み/Despise》
3《帰化/Naturalize》
合計15枚


以上です。

という事で、
常に持ち歩いているスタンのデッキは8個以上、
EDHのデッキも6つ以上を保有し、その全てが地雷デッキという、
Fの集会場に常駐するスーパー地雷デッキメーカーであり、
たまにメーガス氏が1ラウンドを2-1とかで勝ってたりすると、
スコアシートを提出された時に私が、
あれ?メーガスこのスコア書き間違えてないっすか?
と確認ほどであり、
更にはDCIレーティングで関東最下位を記録したこともある、
名実共にFの集会場の精神的支柱である、
コイル・メーガス氏が、
MTGを始めて10数年、そして復帰してから4~5年で、
ついに初の大会優勝を飾りました!!

メーガス氏と言えば、
Fの集会場では別名メーガススペルと言われる、
《不屈の自然》などを用いた、
ビックマナ系の多色地雷デッキを多用する事で知られておりますが、
試合内容は9割方、地雷ギミックの下準備の為の、
土地セットとマナブースト系スペルを撃ってるだけで、
相手にサックリとやられるという流れがテンプレだった訳ですが、
今回は自身も非常に久々に作ったという赤単で、
まさかの初優勝!
あまりの事態に思わず私もTwitterでつぶやいてしまいましたw
そしたら会場に来てなかった、
常連のうっちー氏から確認の電話が掛かってきたww
まあもし大会に出た事ない方で、
このブログを見てくださっている方がいらっしゃいましたら、
どれほど凄いかはサッパリかとは思いますが、
衝撃度的には、ドリームジャンボで100万円当たったレベルくらいで、
地味にビビル衝撃度ですわww

そして肝心のデッキ内容ですが、
やはり一番の見所は、
《溶鉱炉の大長》と《貫かれた心臓の呪い》でしょうな!
恐らくJR青梅線沿線上の大会では、
シールド以外で共に初めて場に出たカードだと思われますw

しかも今回のメーガス氏の対戦相手は、
1R 赤緑ケッシグ
2R 白青トラフト
3R ヤズ君の中速コントロール
という割と真面目なデッキとの組み合いだったのですが、
どの試合も強かったのは、
《ゴブリンの手投げ弾》と《カルドーサの再誕》であり、
《貫かれた心臓の呪い》はワンチャンス結構頑張ってたが、
《溶鉱炉の大長》に関しては、
あってもなくてもどうでも良いレベルwww

だが最終戦ではヤズ君の《聖トラフトの霊》をメタる為に製作された、
《小悪疫》や《ヴェールのリリアナ》入りのデッキに対して、
第1Gは初手から《溶鉱炉の大長》を2枚公開してからのスタートで、
《小悪疫》などがまさかの空気→ヤズ君は死ぬ。
そして第2Gは《溶鉱炉の大長》とか関係なく、
細かいクリーチャーと《貫かれた心臓の呪い》→ヤズ君は死ぬwww
とりあえず終始謎な試合展開だったwwww

そして更にこのデッキの凄いところは、
メーガス氏本人、そして周りの人々も分かっているが、
ざっくり言うと劣化版ゴブナイト風ゴブリンスライであり、
とりあえずこのデッキをもうちょっと練ってみようとすると、

まず最初に《溶鉱炉の大長》が抜けるという事wwwww

あと赤単なのに除去が、
《ゴブリンの手投げ弾》しか入っていないというところも、
地味にビビるポイントwwww

あと個人的に好きなのは、
サイドの《冒涜の行動》、これは何するんすか?って聞いたら、
後半にデカブツが出てきたら対処できないから、
という事なのだが、通常こういったデッキは、
そもそも後半があったら負けてると考えると思うので、
まさに目から鱗のメーガスマジック!!
あと、《刻まれた勇者》も金属術が達成できるか、かなり怪しいwwwwww

まあ面白ポイントを上げたらキリが無いのですが、
こういったデッキでも優勝できる事があるってのが、
カードゲームの面白いところだと思いますし、
大体かなりの地雷臭がするデッキは、
脳内で作って崩すか、実際作って完成しても、
ひとり回しの段階で崩したりしてしまう物ですが、
メーガス氏の場合、作るのは地雷デッキで、
しかもその半分は会場に来てその場でとりあえず作って、
そのまま試合に出るという姿勢が、
中々真似できない素晴らしい事だと思いますので、
とりあえず私も久々に何かもう1個デッキ組みたくなりましたwwww

それでは今日はこんなところで♪



= Fの集会場、大会情報は、こちら
= MTG通販、Fの集会場は、こちら
[ 2012/01/19 03:27 ] MTG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






スパム防止の為、URLを入力する際は、( ttp:// ) この様に h を抜いてお書き下さい。



管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
information

Author:ショーチク
 
ちょっとした暇つぶしに、
ご利用して頂ければ幸いですb

店舗情報はこちらです↓
Fの集会場


通販はこちらです↓
MTG通販 Fの集会場


東京都福生市(JR青梅線)にて、
毎週MTGの大会を開催中です!
詳しい大会日程などは、
こちらをご覧下さい。
↓Tournament schedule↓
MTG大会日程
Google Calendar

記事検索
月別アーカイブ
お問い合わせ、ご連絡など

名前:
メール:
件名:
本文: